僕のヒーローアカデミア255話での黒霧(白雲)が放った「病院」の意味とは?考察してみた!

漫画・アニメ考察

僕のヒーローアカデミア255話での黒霧(白雲)が放った「病院」の意味とは?考察してみた!

漫画の里へようこそ!
管理人のニャンです!

今回は、僕のヒーローアカデミアの第255話で黒霧が相澤先生の同級生だった白雲朧だったことが判明しました。

そして、白雲の姿になった時に放ったことばの「病院」とはどういう意味だったのでしょうか?
僕なりに考察してみましたので、ぜひご覧ください!

あくまでも僕の考察ですので「絶対違う」とか言わないでください(´;ω;`)
それでは早速見ていきましょう!

ヒロアカ255話|白雲朧の「病院」とは何?

僕の考察では、254話に白雲朧が後先考えず、行動した際に岩に挟まって死んでしまうシーンがありました。

そしてその時はまだ死んでおらず、まだ意識があったのだと思います。
そして、連れていかれたのがヴィラン連合の基地の病院で、そこで人体改造、いわゆる黒霧にさせられたのでしょう。

このおじさんですね(名前忘れました)。

現在はこのおじさんによって死柄木は人体改造し、完成したそうですね。
それは”オールフォーワンが求めた人”だそうです。

僕には予想も考察もできないです。
気になりますね。

また、同じく255話で、ホークスが「ピースが揃った!」と言っていましたが、どういうことなのでしょうか?

ホークスの「ピースが揃った」とは?

僕の考察では、ピースが揃ったというのは、ヴィラン連合を倒すためのパズルが完成したということでしょう。

暴漢というのも出てきたのですが、おそらくそれは関係なく、このピースは黒霧のことだと思います。

黒霧の記憶を白雲朧の記憶に塗り替え、ヴィラン連合にはワープする手段がなくなり、ヒーロー側にその手段がつくのだと思います。

でも実際はどうなるかわかりませんね。
あっているかもしれないし、全然違うかもしれません。

まとめ

今回話した内容は白雲朧の「病院」ということと、ホークスの企みについて見てきましたね。

本当のことは作者さんしかわかりませんが、当たっていたらスカッとしますね!

本記事を見ていただきありがとうございました。

他の作品についても書いているので、見ていってくださいね!

 

当サイトのトップページからヒロアカの最新話を文字起こしで見ることも可能です。

トップページ

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました