【最終話文字起こし】鬼滅の刃205話ネタバレとあらすじと感想!

鬼滅の刃

【最終話文字起こし】鬼滅の刃205話ネタバレとあらすじと感想!

今回の記事では、週刊少年ジャンプで連載中の超人気漫画【鬼滅の刃】の205話について見ていきます。

ついに2020年5月18日の週刊少年ジャンプで鬼滅の刃が完結しましたね。

作品が終わってしまうと、なんだかさみしい気持ちになってきます。

 

取り敢えず、あらすじから見ていきましょう。

スポンサーリンク

鬼滅の刃205話のあらすじ

前回の鬼滅の刃204話では、ついに長き戦いが終わり、戦いのその後の内容でした。

 

今回の205話では、時は現代、その子孫たちの物語となっております。

鬼滅の刃205話のネタバレ(内容)

竈門カナタ「いい加減起きなよ。学校遅刻するよ」

「俺は28回同じこと言ってるんだけど、起きなよ炭彦」

竈門炭彦「起きてるよう――」

カナタ「嘘過ぎてびっくりしてるよ寝汚いな」

 

『現代・東京』

我妻善照「あっ、やった!!うおおおお!!すげぇみんなで鬼のボス倒したじゃん!!やったじゃん!!」

ドカッ

「あだっ!」

我妻燈子(禰豆子に似ている)「テスト前なのに信じらんない!こないだも赤点ばっかりだったでしょ!!」

善照「いやすごいんだよみんな!!命かけて戦ってさ!」

燈子「じゃあアンタも恥ずかしくないように勉強しなさいよ!!」

善照『うちの家計はみんなおとなしい女ばっかなのに』

『なんで姉ちゃんだけ突然変異したんだ…』

「姉ちゃんは輪廻転生って信じるかよ」

燈子「はァ!?なにその言い方!キレてんの!?」

善照「すいません」

「俺は信じるよ。絶対みんな転生して生きてるんだ。平和のために鬼と戦って命を落とした人たちは」

燈子「あっ、すごーい♡体操日本金メダルとってる!」

善照「聞けよ」

「宇随選手かっこいい!」

善照「でもこの人中指立てたり、記者の首絞めたり、めっちゃマナー悪いよな」

燈子「それは全部相手が何かしたからでしょ!」

善照「顔がいいと何でも許されるのかな」

「あれ?このニュース何?」

画面には時透無一郎の顔

「すげぇ美人!!拡大して!」

「この人植物学者なのか」

燈子「なんか新しく発見された青い彼岸花のやつでしょ」

「一年で2日とか3日とか?昼間だけ咲く花、それを研究してたんだけど、うっかりミスで全部からしちゃって各方面から非難轟々」

善照「こんな儚げで美しい人をみんなして責めるなんてひどすぎる…」

燈子「その人男の人だよ」

善照「切腹しろ切腹!!」

燈子「アンタお父さんそっくりね」

「あっ、見てよ双子ちゃん可愛い」

善照「うへへ、女の子かなあ?」

燈子「アンタ常に気持ち悪いよね…」

善照「おれは全然気持ち悪くねーよ!」

その時にしのぶ姉妹に似た学生が通りました。

善照『鶺鴒女学院の子たちだぁ。すごいいい匂いするぅぅ』

 

燈子「あっ、カナタ!!」

カナタ「おはよう燈子」

「今日は髪を巻いてるんだね、可愛いよ」

燈子「えーホントにぃ?」

カナタ「燈子が地球で一番かわいいと思うよ」

燈子「キャア♡」

善照「俺最近、人に呪いをかける勉強してんだぜ。舐めるなよ」

燈子「何?

善照「すみません……」

燈子「炭彦くんは?」

カナタ「まだ寝てるんじゃないかな。今日こそ遅刻だろうね」

幼稚園では悲鳴嶋さんのような大柄な男。

善照『でっか!!あの幼稚園の先生』

燈子「今日学校ごぜんだけだから定食屋さんで食べて帰る?」

カナタ「蛇の置物があるメガ盛りの?」

燈子「うん!」

カナタ「ちょっと行きづらいなあ」

燈子「どうして?」

カナタ「あの三つ編み(甘露寺似)の奥さんの胸ばかり見て、厨房から旦那さんに包丁投げられたんだよね」

「善照くんが」

燈子「アンタ…」

善照「いやアレほんチョ違うんだって!!濡れ衣だって!!」

 

 

炭彦「わあ遅刻だあ」

「どうして誰も起こしてくれなかったんだろう~」

「お母さん行ってきまあす」

そういうと窓から飛び出ました。

「ほっ」

ストン

「皆勤賞が欲しいんだあ」

タタタタタ

建物から建物へ器用に乗り移ります

善逸の師匠らしき人「王手」

炭彦「すみません通ります~~~~~」

おじいさん「毎朝何をしとるかお前は!」

炭彦「すみませーん」

おじいさん「まったくあのガキは…」

 

花屋敷にいた子供「ランニングマンだ!」

炭彦『わー変なあだ名つけられてる」

 

不死川兄弟らしき警察「いねぇなぁ」

「まぁ、気長に…」

炭彦『あっ止まらなきゃパトカー…」

そういうとパトカーの上を通りました。

炭彦「あーすみませーん」

不死川「……」

「絶対あいつだな七件通報来てる高校生は…」

「はい」

「一瞬撥ねたかと思ったじゃねえか馬鹿野郎が…」

炭彦「あああやばいよーこれ間に合うかなぁ」

真菰らしき小学生「あっすごい義一くんそのキャラレアなんだよ!」

錆兎らしき小学生「俺はこれだ」

真菰らしき所学生「いいなぁまた同じやつ出ちゃった」

「私もうおこづかいないのに…」

義一「あげる」

真菰「ええっ!!いいの!?」

 

 

じー

竹内「後藤それまさかと思うけど彼女じゃないよな?」

後藤「うわびっくりした!竹内」

「いやいやこの人は…」

善照「絵ですよね知ってますよ」

「なぞ多き男、山本愈史郎の作品。”珠世”という名前の美しい女性だけを描き続ける画家」

「近年では世界的にも高く評価され注目され始めた」

竹内「えっ!?これ絵なの?写真じゃんこんなの」

善照「インタビューに押し掛けた記者に猟銃ぶっ放した画家ですよ…」

後藤「そんな狂暴な画家いる?」

善照「俺の初恋は八百二十一番”瑠璃と花と珠世”です」

「フフフ」

後藤竹内「誰?アイツ…」

 

桃寿郎「炭彦!!いい朝だな!!」

炭彦「桃寿郎くんおはよー」

「遅刻するの珍しいねー」

桃寿郎「うむ!ちょっと朝4時からけいこに打ち込みすぎた!」

「父からビンタされるまで誰も声も聞こえなくてな!」

炭彦「それちょっと怖いよー」

パトカー「ハイちょっと止まりなさいそこの高校生」

桃寿郎「そろそろ剣道部に入らないか炭彦!」

「違うところでも構わないからとにかく君はスポーツをするべきだ!」

パトカー「止まりなさい髪短い方」

炭彦「入らないよ寝る時間減るの嫌だもん」

桃寿郎「まあそう言わず!少しだけでも!君は本当に向いていると思うんだスポーツ!!」

パトカー「止まりなさい。速ェなオイ足が」

桃寿郎「何かしだすと何も聞こえなくなるところとかとてもいい!!」

パトカー「止まれコラ馬鹿ガキ!」

「ちょ…先輩」

炭彦「アハハ桃寿郎くんには負けるよー」

村田のような先生「閉めろー!!門を閉めろ!!」

先生「えっでもまだ3分…」

村田「危険登校常習犯だ!」

ガラガラ

早くしめてしまえっ

ガハハハ

炭彦「間に合いそうだねー」

桃寿郎「だな!!」

そういって門を飛び超えました

炭彦「ギリギリセーフだったねえ」

桃寿郎「うむ!」

不死川「ちょっとよろしいですか?」

村田「ギャッ!」

時透らしき人物「平和だなあ今日も。僕は研究所をクビになりそうだけど」

「山奥に独りで暮らしたいなア…」

 

プルルルル

「はい竈門でございます」

「えっ息子がですか!?」

「ご迷惑をおかけしまして……!!」

電話の横には日輪刀や耳飾りや集合写真がありました。

 

おわり

鬼滅の刃205話の感想

長きにわたり五峠先生お疲れさまでした。

禰豆子と善照が兄弟ってことは、炭彦とは親戚にあたるのでしょうか?

また、見落としかもしれませんが、伊之助の子孫のようなものが見当たらなかったんですよね。

強いて言うならば、研究者が伊之助っぽいんですよね。
雰囲気完全に時透さんだけど…

ぜひあなたも最終巻買ってみてくださいね。
おそらく最終巻は23巻だと思います。

 

そして、今までの出版統計を見ると、7~9か月後の発売になりそうです。

スポンサーリンク

鬼滅の刃を無料でみるならば

ここまで文字だけで見てきましたが、鬼滅の刃をフルで見たい方もいらっしゃると思います。
以前は漫画のページをちょこっと載せていたのですが、著作権にかかってしまうとの事だったので、文字起こしで書きました。

なので、違法サイト以外で合法かつ安全に見る方法を紹介しますね。

違法サイト以外でみるならば、eBookJapanかU-NEXTがおすすめです。

理由としてはeBookJapanは350円ほどで一巻みれる。
U-NEXTならば無料トライアルで一巻無料で読めて、映画やアニメなども見れるからです。

ということですね。

すこしでも気になった方はどうぞ!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました