【文字起こし】僕のヒーローアカデミア271話のネタバレとあらすじと感想!

僕のヒーローアカデミア

【文字起こし】僕のヒーローアカデミア271話のネタバレとあらすじと感想!

どうもこんにちは!
漫画の里管理人のニャンです!

この記事では超有名漫画の僕のヒーローアカデミアの271話について、ネタバレ、あらすじ、感想の3つを見ていきます。

それではまずあらすじから見ていきましょう。

スポンサーリンク

僕のヒーローアカデミア271話のあらすじ

前回の僕のヒーローアカデミア270話では、死柄木の覚醒とは、AFOの力をすべて引き継いだものだというのがわかり、死柄木に覚醒の前兆がありました。

今回の271話では、”あのやばいやつ”の復活と、常闇の救出劇が描かれています。

僕のヒーローアカデミア271話のネタバレ(内容)

『少し前、群訝山荘前線より30mほど後方――』

ファットガム「あかんツクヨミ!出たらあかーーーん!!」

上鳴「何してんだバカ!!」

常闇「最上階!ホークス!おそらくピンチだ!」

ファットガム『強いんは分かっとったが…俺の脂肪から抜け出す奴なんて初やで全く!!』

「ホークスが!?キミらこっから走り!」

「乗り逃げは許さへんでぇ――!!」

 

 

ダークシャドウ「フミカゲまズいヨ…」

「ホークスの背中が…ナイ…!」

荼毘「雄英の……ダッセェなァ学生まで引っ張り出してんのか…」

常闇「言うな!」

荼毘「見ろよガキ」

「ホークスが殺した。仲間を守ろうと走る背中をグサッと!」

「何しに来た?助けに来たか?何を助けに来た?学生が健気に夢見るプロってやつあ、俺たちなんかよりよっぽど薄汚えぞ」

ホークス「常…闇…くん…」

常闇「俺は…ただ師を案じただけだ!」

荼毘「思考停止」

ボワァ!

常闇「ぐぅ!!!」

狭いよけきれない!

ダークシャドウ「フミカゲごみぇん」

炎でダークシャドウも力が出せない!
一刻も早くこの場を離れホークスの手当てを…!

ホークス「まだ…喋る…」

荼毘「考えろよ焼き鳥ども。本当に救いを必要としてるのは誰だと思う?」

常闇「指示を」

俺との会話にかまけた所為で俺を殺し損ねたってのに、今また繰り返してる。

おそらくこれは”余裕”じゃない。

動揺を誘って時間を稼いでいる。

今の炎もだいぶ弱まってた。

ホークス「今…行け…」

連発できなくなってる。

 

シュタ!

ダークシャドウ「フミカゲ!!ごみぇん力が…」

常闇「ホークス!ホークス!!」

息はある!
今の衝撃で気絶した。

常闇「すまないホークス!ダークシャドウここなら炎もない!」

黒の堕天使!!

ボゥ!

荼毘「こんな事もあろうかと前2初弱火で節約しました」

ドオオオン!!

 

 

ファットガム「おおおお

マウントレディ「氷?」

外典「これ以上リ・デストロの邪魔をするな。楽に死ねると思うなよ国の犬ども」

モブ「外典様!!」

外典「包囲網を押し広げた!闇雲に張り合うな思うツボだ!一転に集中し穴をあけろ!!」

 

 

荼毘「ってえ…ぶっ放しやがってあの氷ヤロウ」

「…早めに始めるか」

 

ギュン!

常闇「薄汚くなどないぞホークス!!信じてる!皆信じてる!正しいことをしたんだと!だから死ぬな!!」

 

リ・デストロ「足のスペアはまだか!?」

モブ「リ・デストロ!」

リ・デストロ「なんだ!」

モブ「立ってます……!」

ギガントマキア「主の匂い」

僕のヒーローアカデミア271話の感想

ついに一番やばいやつが目覚めてしまいましたね。
ギガントマキアが起き上がってしまったということは、死柄木が復活したということ、この後は逆転開始ですかね~

【文字起こし】僕のヒーローアカデミア272話のネタバレとあらすじと感想!
【文字起こし】僕のヒーローアカデミア272話のネタバレとあらすじと感想! どうもこんにちは! 漫画の里管...
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました