【本編文字起こし】魔入りました!入間くん164話ネタバレとあらすじと感想!

魔入りました!入間くん

【本編文字起こし】魔入りました!入間くん164話ネタバレとあらすじと感想!

この記事では週刊少年チャンピオンに連載中の『魔入りました!入間くん』の164話について、ネタバレ、あらすじ、感想の3つを見ていきます。

ちなみにですが、アニメ2期の内容はこちらの記事をどうぞ!

また、魔入りました!入間くんを好きなあなたに、こんな記事も用意しました!

その前に、まだ前回のお話しを見ていない場合は、トップページに戻っていただき、カテゴリーの中から見ることが出来ますので、是非そちらから見ていただければなと思います。

漫画の里
このブログでは、放送中のアニメや掲載中の漫画などを紹介します。 著作権の問題上、文字のみの記載となっております...
  • 簡単1分登録!!
  • 31日間無料で全機能使える!!

無料 U‐NEXTで魔入りました!入間くんの漫画を無料で読む!

リンク先:https://www.video.unext.jp/

無料登録時のポイントで入間くんの漫画を無料で読める!!

スポンサーリンク

魔入りました!入間くん164話のあらすじ

前回の魔入りました!入間くん163話では、入間くんがプルソンくんと屋上で話しつくして、寝てしまったところをオペラさんに見つけられ、早急に音楽祭へ向かったところで終わりました。

 

今回の魔入りました!入間くん164話では、入間くんとアムドゥスキアスがついに対面します。

いったいどうなることやら…

魔入りました!入間くん164話のネタバレ(内容)

リード「えーと…大丈夫なの…?イルマくん」

アズ「もっ問題ない!!オペラさんの話では1時間ほどで元に戻るはずと…!!」

ケロリ「はずって…」

ジャズ「まぁ、ムリに起こすのもなぁ…」

リード「ここは本番まで静かに…」

 

カッカッカッカ

バァン!!

 

アムドゥス「ハァイ!!ポロちゃん到着ぅ――!!!」

リード「!!?」

アムドゥス「やぁ~ん王の教室!!懐かしぶり~!思い出すわ~デルちゃんとのあれこれや~」

カルエゴ「困りますアムドゥス……」

アムドゥス「ポロちゃん」

カルエゴ「ポロちゃん様、本番直前にこのような…」

アムドゥス「いいじゃない!私はただ…」

 

「ッだ――!!!何やってんのよクソガキども!!!」

「デルちゃんのおイスにばっちい手で触らないで頂戴!!シッシッ」

 

ジャズ「せっ先生…あの方は……?」

カルエゴ「本日の審査員のアムドゥスキアス様だ」

リード「え゛ッ!元13冠の!??」

アムドゥス「その通り!そして見に来たのよ!私の愛しきデルキラ様の教室を乗っ取った男をね!」

「ここ王の教室は私とデルキラ様の思い出がつまった愛の巣!!そう安々とガキンチョにくれてやるもんですか!」

「さあっ出てらっしゃいイルマ!あんたがこの教室にふさわしい男かこの私が直々に吟味して…」

カルエゴ「これです」

アムドゥス「ちょっと待ってうそでしょ!!!」

「ぷにっぷにじゃない……」

想像と違う…

リード「感情のスピード感すごいなあの人」

アムドゥス「なによう!!こんなフニャチンがデルちゃんの教室使ってるなんて!!宣戦布告しに来た私がバカみたいじゃない!!」

ジャズ「布告?」

アムドゥス「アンタたちの課題は知ってるわ。音楽祭で全員「4」に上がれなければ教室は即没収でしょ?」

「そして審査員は王の教室をわたしたくない私。あらやだ絶望的だわ!!」

リード「は!?ちょっ」

サブノック「音魔殿。それは早計であろう。”欲に正直”なのは良いが…それで”決めつける”のは筋が違うのではないか?」

アムドゥス「……アンタいい男ね」

ジャズ「あ゛――ッ!!サブローが食われる!!」

アムドゥス「やぁねぇ!食べないわよ!まだ!!」

リード「まだ!?」

トク…ン  トク…ン

アムドゥス「不安の音」

アズ「!!」

アムドゥス「緊張というより焦り…」

「欲しいものが手元にない。そんな音がしているわ」

「アンタたち万全じゃあないわね。何を無くしたにせよ…そんなガタガタの状態で…この私を満足させる音を…どうやったら出せるって言うのかしら?」

入間「プルソンくんは絶対来ます」

スピ~

アムドゥス「はん?アンタ何言って…」

『!? …音が変わった』

 

エリザベッタ「アムドゥスキアス様、ご忠告痛み入ります。でも心配いりません」

「我々が必ず最高の音であなたを貫いて差し上げます

アムドゥス「…フゥン。ガチンコ勝負ね!キライじゃないわよ!」

「この私を口説けるものならやってごらん!」

クソガキども…!

 

 

新任「あ――デビデビ」

「では!音楽祭のおさらいです!!1年生全6組!出し物は自由!約20分の舞台」

「観客は声出しOKだよ!」

「審査員が持ち点で厳し―く評価してくれるぞ!!」

 

では演目1番!A組始まります!!」

アムドゥス「やだぁあの子たち最後じゃない

メーメー「問題児とやらか、然り」

キュパ「出番が楽しみじゃのぉ」

「まあ学生のかわいらしきお遊戯じゃ。温かい目でみてやろうではないか…」

 

オロバス「オ゛ン!!」

 

”逸話”
騙され、位を追われた一人の王子が精霊の国で心を得る。

小心で驕りなく、小さくか弱き王子

そんな彼に精霊たちは語りかける。

よくお聞き 一番上へ登るためには”もっともっと強欲たれ”と

 

A組 朗読劇~妖駆伝~

魔入りました!入間くん164話の感想

いつも2番手と言われていたオロバスが1番最初に出ていて、超大迫力で審査員を翻弄しておりました。

 

プルソンくんがいない入間クラスですが、果たして本当に来るのでしょうか?

【本編文字起こし】魔入りました!入間くん165話ネタバレとあらすじと感想!
【本編文字起こし】魔入りました!入間くん165話ネタバレとあらすじと感想! この記事では週刊少年チャンピオ...
スポンサーリンク

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました