【本編文字起こし】僕のヒーローアカデミア279話のネタバレとあらすじと感想!

僕のヒーローアカデミア

【本編文字起こし】僕のヒーローアカデミア279話のネタバレとあらすじと感想!

この記事では週刊少年ジャンプ連載中の漫画『僕のヒーローアカデミア』の279話について、ネタバレ、あらすじ、感想の3つを見ていきます。

とその前に、前回の僕のヒーローアカデミア278話を見ていない場合は、以下のリンクからご覧ください。

僕のヒーローアカデミア一覧

ということであらすじから見ていきましょう。

スポンサーリンク

僕のヒーローアカデミア279話のあらすじ

 

僕のヒーローアカデミア279話のネタバレ(内容)

ここのボタンを押すと自動音声が流れます→

マッドマン「よしこんなもんかな」

リザーティ「バックバック!早くバック!もう目の前!」

マッドマン「なァ取蔭、物間たちのグループは無事かな…」

リザーティ「気になるけど今は…」

 

ドオン  ドオン

 

ミッドナイト『背中から青い影が見えた! おそらく背中に連合が乗ってる!』

八百万『通常であれば溶液を注射するのですが、あの大きさですと約30Lは必要でしょう。 大きさに加え、きわめて活発。注射する隙は無いものと考え経口投与を試みます』

「この一瓶が希釈なしでの有効量です」

上鳴「誰か一つでも口に放れば眠ってくれるってわけだな!」

峰田「………………ミッドナイト…生きてるよな…?」

芦戸「きっと大丈夫だよ! またみんなで授業受けるんだもんね!」

 

 

ドドドドドドドドドドド

 

マウントレディ「全っ然っ止まんない!」

シンリンカムイ「先輩っ起きっ…て!ほどいて…体勢をっ!!」

 

ガクッ

 

八百万「かかった」

B組生徒「位置ドンピシャあ!!」

B組生徒「ゴーゴーゴーゴー!!」

 

B組生徒「多勢に無勢をお許しください」

「立ち上がられたら望み薄ですぞ!!」

佐藤「寝ぇぇてぇぇろぉぉ!!!」

 

コンプレス「雄英!! こんなに来てんのか」

トガ「……」

邪魔立てはさせない!!

 

フア

 

上鳴「ポインターでみんなには当たらねェ!!」

「ぶっぱなぬ゛あ゛!!?」

 

コンプレス「危ね―――!山荘で電撃吸ってたもんなぁ!思わずストック使い切っちまった」

 

寝ろ! 寝てろ!!

こいつを街に下ろしたらダメだ!!

 

ブッ

 

一同「うわああああ!!」

芦戸「みんなァ」

峰田「息臭ェ!!」

尾白「あッ…」

 

BOOOSSH!

 

荼毘「高揚を体躯の変動エネルギーに変える”個性” 痛覚を遮断する”個性” ほかにも色々…すべて戦場に長く居続ける為の”個性”なんだとさ」

「氏子さんが言ってたよ。 そいつこそまさしく守護者だって」

 

ヒーロー「だめだ立ち上がる!」

「あっちち」

「炎で影が…!」

「胞子も燃えちゃうノコ」

「炎で近づけない」

八百万「まだ! 柔化した地面のそこに爆弾を設置しました!更に深く埋まれば…まだチャンスは――!!」

スピナー「こいつは元々地面を潜るんだぜ!むしろ速度が…」

コンプレス「潜ったら俺たち死ぬでしょ」

スピナー「あ…」

コンプレス「多分『俺たちを連れてこい』って命令だ。 俺らが縛りになっている今…実は割とピンチなのかも」

ヴィラン「オイ!のんきに話してる場合か!?」

 

ヒーロー「ヴィラン連合ォ――!!!」

マウントレディ『口に何か放り込もうとしてた』

「アーンしなさい!ホラあーん!!」

『こいつを止める方法が今あるなら!! 信じるよ!!! 雄英のヒヨッ子さん達!!」

僕のヒーローアカデミア279話の感想

やはりヴィラン連合の1人1人はとても強く、ギガントマキアが起き上がってしまいましたが、ヤオモモはさらに奥の手を打っていましたね。

次回あたりでギガントマキアを止めることはできるのでしょうか?

【本編文字起こし】僕のヒーローアカデミア280話のネタバレとあらすじと感想!
【本編文字起こし】僕のヒーローアカデミア280話のネタバレとあらすじと感想! この記事では週刊少年ジャンプ...
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました