【本編文字起こし】僕のヒーローアカデミア281話のネタバレとあらすじ!

僕のヒーローアカデミア

【本編文字起こし】僕のヒーローアカデミア281話のネタバレとあらすじ!

この記事では週刊少年ジャンプ連載中の漫画『僕のヒーローアカデミア』の281話について、ネタバレ、あらすじ、感想の3つを見ていきます。

とその前に、前回の僕のヒーローアカデミア280話を見ていない場合は、以下のリンクからご覧ください。

僕のヒーローアカデミア一覧

ということであらすじから見ていきましょう。

スポンサーリンク

僕のヒーローアカデミア281話のあらすじ

前回の僕のヒーローアカデミアでは、マウントレディたちがギガントマキアを止め、エンデヴァーたちが死柄木を追い込んだところで終わりました。

 

今回の僕のヒーローアカデミア281話では、死柄木の暴走と奮闘するお話です。

僕のヒーローアカデミア281話のネタバレ(内容)

ここのボタンを押すと自動音声が流れます→

『ヒーローというのはな…他人を助けるために家族を傷つけるんだ』

ビキビキビキ

 

イレイザー「物陰に隠れるぞ!マニュアル!水ずれないように!」

「早くとどめを」

 

グラントリノ「なんじゃあれは…」

死柄木「お前たちは、社会を守るふりをしてきた」

「過去…何世代も…守れなかったモノを見ないフリをして、傷んだ上からふたをして…あさましくも築き上げてきた」

『す…すぐヒーローか警察か、だれか…来るからね』

死柄木「結果、中身は腐って蛆が沸いた」

「小さな小さな積み重ねだ」

「守られることに慣れ切ったゴミ共、そのゴミ共を生み出し、庇護するマッチポンプ共、これまで目にしたすべて、お前たちの築いてきた全てに否定されてきた」

「だからこちらからも否定する。だから壊す。だから力を手に入れる。シンプルだろ?」

「理解できなくていい。できないから」

ドォン

エンデヴァー「わざわざインターバルをどうも!!貴様ももう虫の息だろう!!観念―――」

『なぜ動ける』

そこで死柄木をグラントリノが抑え込みました。

グラントリノ『轟の火力が下がっとる。大技を打ちすぎた反動か」

『こやつも満身創痍…!限界を超越して動いとる!!」

グシャ!

死柄木の右手がグラントリノの足をつかみました。

グラントリノ「っ!」

緑谷「グラントリノォ!!」

グラントリノ『なんて顔だ…志村…!」

 

志村『戸籍からも追えないように細工した』

『小太郎の存在に気づけば奴は必ず利用する』

『私に子供はいなかった。いなかったんだ』

『空彦、私に子供は―――…』

―――ヒーローは他人を助けるために家族を傷つける…!父の言葉だ。

『志村、俺たちの選択は―――…』

 

緑谷「うわぁあああ!!」

死柄木「力を…」

エンデヴァー「出るな!デク!」

更に…速く…!

 

イレイザーを見つけ、向かった死柄木をリュウキュウが止めました。

イレイザー「リューキュ!」

リューキュー「ぬうぅ」

緑谷「死柄木ィ!!」

「お前だけは許さない!」

死柄木「俺は誰も許さない」

怒りを…力に!!

緑や「締めろ黒鞭!!」

エンデヴァー「そのまま頑張れデク!!」

ふり絞れ!!もう一発! あともう一発撃ちこめられれば!

ふり絞れ!

 

これがあることを、こいつらはまだ…

 

死柄木は右手からエリちゃんの個性が入った銃弾を手にしていました。

【本編文字起こし】僕のヒーローアカデミア282話のネタバレとあらすじ!
【本編文字起こし】僕のヒーローアカデミア282話のネタバレとあらすじと感想! この記事では週刊少年ジャンプ...
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました