【本編文字起こし】魔入りました!入間くん200話ネタバレとあらすじと感想!

魔入りました!入間くん

【本編文字起こし】魔入りました!入間くん200話ネタバレとあらすじと感想!

この記事では週刊少年チャンピオンに連載中の『魔入りました!入間くん』の200話について、ネタバレ、あらすじ、感想の3つを見ていきます。

ちなみにですが、アニメ2期の内容はこちらの記事をどうぞ!

また、魔入りました!入間くんを好きなあなたに、こんな記事も用意しました!

その前に、まだ前回のお話しを見ていない場合は、トップページに戻っていただき、カテゴリーの中から見ることが出来ますので、是非そちらから見ていただければなと思います。

漫画の里
このブログでは、放送中のアニメや掲載中の漫画などを紹介します。 著作権の問題上、文字のみの記載となっております...

ということであらすじから見ていきましょう。

  • 簡単1分登録!!
  • 31日間無料で全機能使える!!

無料 U‐NEXTで魔入りました!入間くんの漫画を無料で読む!

リンク先:https://www.video.unext.jp/

無料登録時のポイントで入間くんを無料で読める!!

 

スポンサーリンク

魔入りました!入間くん200話のあらすじ

前回の魔入りました!入間くんでは、羽目を外しすぎた入間くんが説教も兼ねてオペラさんと一緒にサリバン宅に仕えるのでした。

 

そして今回の魔入りました!入間くん200話では、前回に引き続き、13冠の集いに参加し、

魔入りました!入間くん200話のネタバレ(内容)

オペラ「”13冠の集い”への招待状でございます」

 

『魔界某所魔界塔』

『その665階にて開かれているのが魔界の英傑たちが集う至高の晩餐会 13冠の集い』

 

「あいかわらず欠席多数だなぁ…」

「言うな」

「それよりまずは、客人の紹介をしなくては…」

「バルバトス家”絶望の羽喰”バルバトス・バチコ殿」

バチコ「同席失礼いたします」

パイモン「な゛んだぁ? え゛んれぇあまっだるいニオイで吐き気がするとおもっだら…品のないありんこが何でいるだべや…」

バチコ「てめぇこそ青臭ぇんだよ森の雑草でもこして飲んでんのかエセお姫様」

 

「お~相変わらず仲悪いなぁ~」

「パイモン! 彼女は客人だぞ!」

アムちゃん「そうよぉ せっかく女子が集まったんだものお!! 仲良くお茶会しましょう!!」

「華やかだねぇ」

「止めなくていいのか…」

アメリ父「……キミがいけ」

 

「…先ほども言った通り、協議するのは13冠の”穴”についてである。 魔界で頻発している有力悪魔たちの失踪…これの関連かどうか定かではないが…13冠 ”食王・ベヘモルト”が現在行方不明となり、”点眼・アスタロウ”捜索に尽力している」

「魔界の中枢たる13冠にこうも空きが出ては緊急時に混乱を招く…ゆえに『新13冠候補』としてバルバトス氏に出席を願ったのだ」

「待てよ。 それなら”最強の弓使い”である大頭領のジジィが来るのが妥当だろ。 なんで頭領でもねぇ嬢ちゃんが来てんだ?」

「貴様…自分も若造の分際で」

バチコ「大頭領は戦以外では動きません…それに…」

サリバン「僕らで選んだんだよ。 彼女の実力派13冠にふさわしいってね」

ザっ!

「三傑の皆さま…ッ!上階から降りてこられるとは…ッ」

※三傑とは、次期魔王の最有力候補である

「何か粗相がございましたか!?」

サリバン「うん。えーとね」

「レヴィやベリやんとも話し合ったんだけど…そろそろ魔王決めようかなって」

「!! まっ魔王を…!?」

「ついに…現在の魔界を支え、導く大役をご決断されるのはさぞ難大な協議であったことと存じます。 しかし…お待ちしておりました」

「して!どなたにお決まりに!?」

サリバン「え~めっちゃせかす~~」

「先に行っておくけど、僕らは対象外だよ」

「は?」

サリバン「現在の魔界は実に不安定だ。 そこで我々が見据えるべきは今後の魔界。 必要とされるのは未来を拓く若き悪魔だ。 よって我々は今ここに、次期魔王候補として3名の悪魔を推挙する」

「次期魔王候補…!?」

 

「そう、才能あふれる若き血潮…わが孫”レイヂ” ”ラズベリィ” を」

ズンっ!

レヴィアタン・レイヂ「……………」

ベリアール・ベリィ・ラズベリィ「やっほ初めまして!俺ラズベリィ!よろしくね!」

レイヂ「その……乱れた格好は何かね。 招待状には礼服でと書いてあったはずだが」

ラズベリィ「え~~だってうちは自由が校風だもん。でもね!実は全部ブランド品! ちょー高かった!」

レイヂ「…まさか格式高い”13冠の集い”にこんなサルが呼ばれているとは…」

ラズベリィ「そりゃよばれるでしょー だって俺次期魔王だもん」

レイヂ「フザけるな。 次期魔王は私だ」

 

コンコン

???「あの~」

「誰だ! 給仕か? 部外者は立ち入り禁止だぞ」

ラズベリィ「いやちょうどいいじゃん! この子に聞いてみようよ! どっちが王様っぽいか!」

 

サリバン「―――さて、もちろん僕も一人推薦するよ」

「意外性があって面白い、この僕が期待してしまう悪魔。彼が創る魔界をぜひ見てみたいよね」

ひょこ

入間「えっと…僕は…何をすれば…?」

 

ラズベリィ「ジャッジしてくれ!! どっちが魔王っぽいか!!」

魔入りました!入間くん200話の感想

なんとついに入間くんが魔王候補の中の1人になろうとしています!

このままいい感じに進めば入間君が魔王になる日も遠くないですねぇ~!

スポンサーリンク

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました