【本編文字起こし】魔入りました!入間くん201.5話ネタバレとあらすじと感想!

魔入りました!入間くん

【本編文字起こし】魔入りました!入間くん201.5話ネタバレとあらすじと感想!

この記事では週刊少年チャンピオンに連載中の『魔入りました!入間くん』の201.5話について、ネタバレ、あらすじ、感想の3つを見ていきます。

ちなみにですが、アニメ2期の内容はこちらの記事をどうぞ!

また、魔入りました!入間くんを好きなあなたに、こんな記事も用意しました!

その前に、まだ前回のお話しを見ていない場合は、トップページに戻っていただき、カテゴリーの中から見ることが出来ますので、是非そちらから見ていただければなと思います。

漫画の里
このブログでは、放送中のアニメや掲載中の漫画などを紹介します。 著作権の問題上、文字のみの記載となっております...

ということであらすじから見ていきましょう。

  • 簡単1分登録!!
  • 31日間無料で全機能使える!!

無料 U‐NEXTで魔入りました!入間くんの漫画を無料で読む!

リンク先:https://www.video.unext.jp/

無料登録時のポイントで入間くんを無料で読める!!

 

スポンサーリンク

魔入りました!入間くん201.5話のあらすじ

前回の魔入りました!入間くんでは、13冠の集いに招待された入間たち魔王候補が顔を合わせ、武勇伝?を語り合いました。

そして、雷皇バールも首を出すことに…

 

そして今回の魔入りました!入間くん201.5話では、カルエゴ外伝後編ということで、男か女かわからない服装の少女?少年?の正体についてのお話です。

いったい誰なのでしょうか?

魔入りました!入間くん201.5話のネタバレ(内容)

カルエゴ「アンタが番長か?」

???「ええ、まあ」

バラム『あの人数を1人で…』

カルエゴ「…俺は1年のナベリウスカルエゴ あんたに間違えられてここ数週間大迷惑している。 本当なら十発ほど殴りたい気分だが…話は聞こう。 謝るなら土下座で許す」

???「……なるほど、私に間違えられて…似てますかね?私こんなに目つき悪くない…」

バラム「う゛~ん?ちょっと…?」

「ちなみに生徒たちの中ではこんなイメージだそうです」

???「おや、これはひでぇ」

カルエゴ「ええぃ! どうでもいい話を広げるんじゃない!! 大体アンタ何者なんだ!?」

???「そちらの事情は分かりました。私のせいで迷惑をしていると…それは申し訳ない…」

カルエゴ「…! なら、もう辻斬りのようなアホ行為はやめるんだな?」

???「え、やめませんけど」

カルエゴ「オイッ! どういうつもりだ!!?」

???「どうもこうも、私の行動は私に選択権があるわけで、お前らが迷惑してようが別に構わんというか」

カルエゴ「貴様…っ ふざけているのか…っ!?」

???「そもそも間違えられたくないのなら、髪型でも服装でも変えれば済むでしょうに」

カルエゴ「アンタが変えろ!」

???「イヤですよ」

バラム「なんかちょっと似てるなこの2人」

カルエゴ「わかった…ならば十発殴るしかないな…」

バラム「ちょっ カルエゴくんっ落ち着きなよ」

???「綺麗ですね」

バラム「いや、あなたは落ち着きすぎです!」

カルエゴ「最終通告だ。辻斬りを辞める気は~」

???「ない」

「力ずくで止めたいならどうぞ。こちらとしても私の正体をベラべラしゃべられるのは困りますし、口止めするつもりでしたから」

「こちらのほうが分かりやすい」

カルエゴ『素手…? ナメやがって…っ!」

ケルベロ・ビュート!!

カルエゴ「!?」

バラム「ひっくり返…っ」

その瞬間腹パンを食らわせる謎の悪魔

カルエゴ『強…っ なんだこの打撃は…っ 意識が…遠のいて…」

―――

「魔界を守りし気高き黒犬、我ら絶対の忠犬一族」

「兄、ナルニアには魔関署の最奥を…そして弟カルエゴには悪魔学校バビルスを守る番犬を命ず」

カルエゴ「ハッ!」

「たとえその首がもがれようとも、敵の首に噛みつき殺せ」

 

カルエゴ「兄上!お勤め行ってらっしゃいませ」

ナルニア「カルエゴも…頑張りなさい」

カルエゴ「はい!!」

『俺の進むべき道は生まれた時から決まっている』

いずれこのバビルスを守る番犬として、厳粛に教鞭をとる日々を過ごすのだ…だから…

『お前の道を誇りに生きなさい』

――――――

ガブッ!

???「お前…」

私の一撃をまともに受けて…食らいついた

カルエゴ「…あんたがどういう理由で狩をしようが死ぬほどどうでもいい…ただ、番長などとふざけた名をかたるな。 この学校の番犬はこの俺だ!」

???「……番犬… どちらかといえば…負け犬といったようですが……なるほど… お前なかなか…」

バラム「う、うわぁ!」

不良「動くなぁてめぇら!!」

???「おやおや」

不良「いいかぁ 動くんじゃねぇぞっ!!」

「へっ 油断しやがってザマぁねぇ…」

バラム「うっ おっ 折れちゃう…」

不良「ああそうだ。 少しでも逆らったらこいつの首が… 折れ…れ…?」

「いだだだだだ!!」

バラム「ごめんなさい。僕っ…力加減へたくそで…」

不良「ヒイッ なんなんだこいつら!! くそぉっ! いったん退くぞ!!」

「動ける奴だけ連れて…風紀師団に報告だ…っ」

「番長一味にやられた!!」

カルエゴ「オイ待て!! 一味とはなんだ!!」

???『魔力と腕力のずば抜けた子供…』

「番犬を名乗るからにはこの学園を守る意思があるのでしょう。 ならばそれは私の野望と同じ道だ」

???「私はオペラ、お前たち私に協力しなさい…いや、協力しろ」

カルエゴ「なんなんだアンタ!??」

 

『新しい連絡先』

・ナベリウス・カルエゴ

・バラム・シチロウ

 

―――『理事長室』

オペラ「ただいま戻りました。理事長」

髪の生えたサリバン「……オペラ」

「んも~う どこ行ってたの~~~? 探したよ~~~!! ほんとすぐどっか行っちゃうんだからぁ!!」

オペラ「すみません」

サリバン「授業も出てないみたいだし…せっかく編入したのに~!」

オペラ「理事長のサポートのほうが優先ですので」

サリバン「サポート?」

オペラ「より良い学校にするため、不良生徒を一掃するという…」

サリバン「僕そんなことお願いしてないけど!?」

オペラ「それで、舎弟が2人できました」

カルエゴ「なにそれオペラァ~」

オペラ「いっぱいこき使います」

―――オペラの野望とは!? この話の続きはまた語ることとしよう…。

魔入りました!入間くん201.5話の感想

なんと謎の番長少年? 少女?の正体はオペラさんでした。 イラストを見る限りでは、雰囲気は似てましたが、髪はよれよれでそこはかとなく似ていませんでした。

野望も気になりますね~!

【本編文字起こし】魔入りました!入間くん202話ネタバレとあらすじと感想!
【本編文字起こし】魔入りました!入間くん202話ネタバレとあらすじと感想! この記事では週刊少年チャンピオ...
スポンサーリンク

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました