【本編文字起こし】魔入りました!入間くん204話ネタバレとあらすじと感想!

魔入りました!入間くん

【本編文字起こし】魔入りました!入間くん204話ネタバレとあらすじと感想!

この記事では週刊少年チャンピオンに連載中の『魔入りました!入間くん』の204話について、ネタバレ、あらすじ、感想の3つを見ていきます。

ちなみにですが、アニメ2期の内容はこちらの記事をどうぞ!

また、魔入りました!入間くんを好きなあなたに、こんな記事も用意しました!

その前に、まだ前回のお話しを見ていない場合は、トップページに戻っていただき、カテゴリーの中から見ることが出来ますので、是非そちらから見ていただければなと思います。

漫画の里
このブログでは、放送中のアニメや掲載中の漫画などを紹介します。 著作権の問題上、文字のみの記載となっております...

ということであらすじから見ていきましょう。

  • 簡単1分登録!!
  • 31日間無料で全機能使える!!

無料 U‐NEXTで魔入りました!入間くんの漫画を無料で読む!

リンク先:https://www.video.unext.jp/

無料登録時のポイントで入間くんを無料で読める!!

 

スポンサーリンク

魔入りました!入間くん204話のあらすじ

前回の魔入りました!入間くんでは、入間くんがもし魔王になったら、どのような魔界を創りたい? という質問で、かなり意外な答えを出しました。

そして晩餐会は終わりへ…

 

そして今回の魔入りました!入間くん204話では、13月も終わり、いよいよ悪魔学校へ登校し始めます。

みんなは変わらずにいるのでしょうか?

魔入りました!入間くん204話のネタバレ(内容)

『13月終了!! 悪魔学校バビルス授業再開!!』

『13月のお祭り期間で悪習器やストレスを発散した生徒たちは、心!新たに!日常に戻り、それはそれは…』

生徒会「おはよう!!!」

生徒一同「おはようござい~~~」

『ほわほわしていた』

 

カルエゴ「1月~2月は気が抜けすぎてアホになる生徒が増える。 しかし本来は次の学年へ向けて準備を行う重要な時期だ。 つまり、腑抜けたやつは即指導対象だ」

ジャズ「へぇい…『教室で魔ーメン作りました』」

リード『魔-メンパーティーを開催しました』

ゴエモン『パーティーを手伝いました』

カムイ『ナンパしてすいません』

カルエゴ「ランク4が揃いも揃ってこのざまとは…すぐに降格するぞ」

一同「うぇい…」

カルエゴ「あ゛?」

一同「すみません」

カルエゴ「まぁ…やるきの出しすぎも困りものだが…」

 

『中庭』

アズ「母上からお聞きしました!! あの!! ”13冠の集い”にご招待されたと!!」

「しかも有能な若き悪魔として13冠に紹介されたとか…!! これはもう次期魔王といっても過言ではありません!!」

入間「過言過言!!」

「おじいちゃんの付き添いでいっただけだし…」

アズ「それでも素晴らしいです!!」

「私もいろいろ準備にいそしんでおりましたが、足元にも及ばぬ偉業! さすがです!!」

入間「準備?」

アズ「はい!! もちろん”2年生”へ向けての準備です!」

入間「にっ2年生!!」

アズ「2年生の授業では実践が増えるそうですよ!」

入間「実践かぁ~」

アズ「覚えられる魔術も増えますし」

クララ「料理もいっぱい! あと、増えると言えば~」

「後輩!!」

…後輩!!

入間「そっか!そうだよね! 新しい1年生が入ってくるんだもんね…!」

アズ「早々にイルマ様のご威光を示す必要がありますね!」

入間「そっ それはやめとこうか」

クララ「イルマち先輩! とか呼ばれちゃうぜイルマち」

入間「えっ!!」

『先輩…イルマ先輩…!』

クララ「あ、イカン、イルマちがズレてる」

アズ「イルマ様! おそらく違います! イルマ様!!」

クララ「だめだよイルマち! ちゃんと先輩らしくしないとナメられて……」

「こうなっちゃう…」

『5でもたいしたことねーなー』

『パンかって来いよパイ先~』

アズ「そのような不届きものは燃やします!!」

クララ「よし!練習しよう!!」

「私たちが後輩やるから! イルマちはかっこいい先輩ね!」

入間「できるかな…」

クララ「まずは元気よく挨拶!! イルマち先輩!!」

「おはざーッス!!」

入間「…や、やざぁす」

クララ「ん゛ー! 固い固い!!」

「ガチガチすぎるよイルマち!」

アズ「後輩に敬語は必要ありませんよイルマ様!」

入間「お…はい」

「慣れてないから難しいね」

クララ「じゃあアズアズ!! お手本やったげて!」

「私たちが騒ぐから叱るんだよ!」

アズ「まったく妙なことを…」

入間「アスモデウス先輩!!」

アズ「ん゛ん゛ッ!」

入間「おはようございます!先輩!」

アズ「イルっ うっ」

クララ「元気ないっすね!! 魔ラカス振りますか!!」

「ほらほら!叱らないと先輩!!ほら!」

アズ『叱る!? しかしイルマ様を叱るなんていや、いくら魔々ごととはいえ… 練習、これは練習、しかしイルマ様にため口などシンユーの私が、だがしかし、これ』

クララ「先輩! アスモデウス先輩!! へいへい!」

しゅん…

入間「あれ!? アズくん!?」

「どうしたの!?えっ…なに…すごい微動だにしない!!」

クララ「後輩にビビっちまったんすか先輩!」

アズ「やかましいぞヴァラクつつくな座れおとなしく宿題をしろ」

クララ「私にはめっちゃしゃべるじゃん先輩!」

入間「えっと…僕にも叱っていいんだよ? ほら!初対面の時みたいに! 」

アズ「初対面の時…?というと……」

――――――――――

入間「僕はイルマ!! 主席くん! 挨拶は僕がさせてもらうよ!!」

 

入間「決闘だ!!」

アズ「はい!」

危機回避

アズ「さすがですイルマ様ぁ!! 配下にしてください!」

入間「いいよ!!」

――――――――――――――

アズ「……いまとあまり変わりませんね」

入間「違う違う違う!!!」

「ぜんぜんそんなんじゃなかったよ! 僕もアズくんも!! えっうそでしょ? あのアズ君は無かったことになってるの!?」

アズ「何のことやら…」

クララ「も~アズアズ全然ダメじゃ~ん!」

アズ「お前…今すぐ全力で叱ってやろうか」

クララ「しかたあるめぇな~!!」

「はぁい! よい子の後輩諸君!! クララ大先輩がいろいろ教えてあげるから! ちゃんとお話聞くんだよー!」

入間「ハイ!先輩!」

クララ「廊下は入っちゃダメ! 飛ぶのもダメだよ~! ティッシュ、ハンカチ、飴玉の装備は鉄板だよ! お外から帰ったら手と角は洗おうね!」

「先輩に会ったら”こんにちは!” あいさつはキチンとしよう!」

「先生を怒らせるととっても怖いからね! いたずらはこっそりと! 要注意はエギー先生!お仕置きが一番厳しい! 覚えなさい!」

入間アズ『なんか…意外と…一番ちゃんとしてる気がする』

――――――――――――――

入間「学校のこと教えるのもいいね」

クララ「でしょ~」

入間「祖俺で親切にして~」

アズ「あとはもっと威厳を表現できれば…」

クララ「じゃあ番長スタイルで強いぞアピールしよう!」

アズ「まてい!! 華やかさも忘れるな! 高貴なブランドは必須だ!」

クララ「あっ! 花とか咥える!?」

『イルマ 威厳あふれる貴族番長スタイル』

入間「なんでも相談してね」

アズクララ『ブフォッ!』

入間「ちょっと!」

クララ「イルマち面白ぇ~~~」

アズ「すみま…ふっふふ」

入間「ぐちゃぐちゃだよっ」

「フフッでもさ、どんな後輩が来ても、2年生になっても……きっとまた3人一緒なら楽しい1年になるよね」

アズ「…!もちろんですとも!!」

クララ「絶対!! いっぱいいっぱい楽しいよ~!」

―――――――――――

ザワザワ

カルエゴ「何の騒ぎです?」

教師A「カルエゴ先生! 見てくださいよ~」

(3人くっついて寝ている入間たち)

「イルマ軍ねてるー」

「ぐでぐでだー」

「あはは」

「かわいー」

「ふにゃふにゃ軍」

カルエゴ「起きんかアホどもぉ!!! 2年生になる自覚ががあるのか!!』

『翌朝、校内新聞に載った』

魔入りました!入間くん話の感想

ついに入間くんたちも2年生ですね。

次回は入学式が開催されそうです。

【本編文字起こし】魔入りました!入間くん205話ネタバレとあらすじと感想!
【本編文字起こし】魔入りました!入間くん205話ネタバレとあらすじと感想! この記事では週刊少年チャンピオ...
スポンサーリンク

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました